FC2ブログ
  • パソコンでのプログラム開発のため、何度かC言語にチャレンジしては挫折を繰り返していました。私は今でもBasicでしかプログラムが書けません。PICのプログラム開発もBasicコンパイラを使っています。ただ、Basicではできる事に限界もあり、いつかはC言語にチャレンジしようと思っていたところ、分かりやすそうな本を見つけたのでボチボチと勉強します。ちなみに、本はまだ新品の輝きを放っています。... 続きを読む
  • 30年ぶり・・・高校生の頃からだとそれ以上ぶりだろうか?・・・プリント基板を作ってみました。 日頃の電子工作ではユニバーサル基板を愛用しており、一点物を作って遊ぶ分にはこれで十分と思っていました。 ちょっと前に作った「CW送信練習エレキー」を近所のOMに見てもらったところ、「面白い、欲しい」とのご意見をいただき、調子に乗ってキット化を考えました。 昔のプリント基板作りは油性マジックでパターンを描いて塩化... 続きを読む
  • とは言っても今まで二次元オタクだった訳ではない(はず)ですが・・・。 何と我が家に3Dプリンターがやってきました。 今まで色々とアイデアはあったのですが、技術不足で実現できなかったものが作られるようなりました。 HF帯用の移動用アンテナ Wonder Pole の三脚座つきVサポートを作ってみました。 ほぼ設計通りの物が出来上がって満足しています。 ただ、その後M型コネクタがインチ仕様でケーブルの引き出... 続きを読む
  • 最近、PICを使った電子工作にはまっています。 PICは"Peripheral Interface Controller"の略で、ピックと呼ばれるワンチップマイコンの事です。 この小指の先ほどのワンチップマイコンを部品として使うと、複雑な機能を驚くほど少ない部品点数で実現できます。 ただ、このワンチップマイコンはプログラムを仕込まないと働いてくれません。 最初にPICに興味を持って購入した本にはアセンブラによるプログラミングが照会されて... 続きを読む
  • 先日、動画で紹介したメモリーキーヤーですが、スペックの紹介を少々・・・。 通常のエレキーに加えて以下の機能があります。 メッセージメモリー関係 ・4チャンネルのメッセージメモリーの送信が可能です。 ・各チャンネルのメッセージは60文字以下の欧文または和文のメモリーができます。 ・連続する文字は「ホ&レ」や「B&T」とする事で送出可能です。(&も1文字にカウントします) ・メッセージはLCDに表... 続きを読む
  • 久しぶりのPIC工作でメモリーキーヤーを作ってみました。 そこそこ頑張って作ったつもりですが、悲しいことに私はモールス通信をマスターしていません。 活躍できるように精進します。... 続きを読む
  • 久々のアマチュア無線ネタです。 USBケーブル一本で接続できるEchoLinkインターフェースを製作しました。 最近のパソコンはRS-232Cのコネクターが無いですからUSB-シリアル変換器を使っていました。 今回サーバに使う予定のパソコンはヘッドホン出力はあるのにマイク入力がありません。 USBオーディオを使うつもりだったのですが、同じUSBならまとめて一つに・・・と思っていたら便利なものがありました。 USBオーディ... 続きを読む

備後の森田

趣味のアマチュア無線や電子工作、VoIPアマチュア無線グループ「山口ラグチューROOM」の活動についてのブログです。
何か新しいことがあったら更新するかも知れません。
あまり期待しないでください・・・。

おいでませ

コメント&トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

アーカイブ

山口ラグチューROOMに
常時接続のノード局

WIRES-X:20339
EchoLink:481234のGW

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR