FC2ブログ
  • 半年ほどWIRES-XノードをC4FMデジタルモードで運用して、色々とメリット、デメリットが見えてきました。 現時点ではメリット<デメリットと判断して、ノードをFMアナログモードに戻すことにしました。 C4FMのメリット 1.ノイズの無いクリアな音声(了解度は高い) 2.交信相手のコールサインが無線機に表示される 3.交信相手との距離が無線機に表示される 4.ROOMへの接続ノード数が無線機に表示される 5.データ通信モード(... 続きを読む
  • 帰省のついでにEchoLinkノード JI4XEJ-L のメンテナンスを行いました。 今回はハードウエアのメンテナンスです。 サーバー用のPC更新 WindowsXP → Windows7 PC変更に伴うインターフェースの更新 (8/14のブログ記事参照) ここまで予定の作業が済んで動作テストを行ったら、無線機の受信音声がPCに伝わっていないことが発覚しました。 調べてみると、以前にもあったトーンスケルチのデコーダー不良の模様、やっかいなことに電源の切... 続きを読む
  • あなたはそのEchoLinkノードに対応したトーンが出せる無線機を持っています。 そしてその無線機にはノードを制御できるDTMFの送信機能があります。 これはチャンス!!山口ラグチューROOMに接続してCQを出してみましょう! ①ノードの状態を確認 無線のキホン、まずはワッチ、他の交信がない事を確認して下さい。 FMモードでマナーとされている「チャンネルチェック」は必要ありません。 無線機を送信状態にしてDTMF信号[08]を送... 続きを読む
  • あなたはそのWiRES-IIノードに対応したトーンが出せる無線機を持っています。 そしてその無線機にはノードを制御できるDTMFの送信機能があります。 これはチャンス!!山口ラグチューROOMに接続してCQを出してみましょう! ①ノードの状態を確認 無線のキホン、まずはワッチ、他の交信がない事を確認して下さい。 FMモードでマナーとされている「チャンネルチェック」は必要ありません。 無線機を送信状態にしてDTMF信号[#6666D]... 続きを読む
  • そもそも、ノードって何???と言う疑問があると思います。 ざっくり言ってしまうとインターネット回線に接続された無線機と思ってください。 この無線機同士をインターネット回線で接続してVoIP(Voice over Internet Protocol)という技術を用いて通信を行います。 これによって通信を行うのがEchoLinkやWiRESと言ったシステムです。 EchoLinkやWiRESなどのVoIP通信を行うノード局のほとんどは個人が立ち上げて運用されています... 続きを読む
  • 毎年恒例になりつつある春のバーベキュー大会、雨にも負けず大いに盛り上がりました。 今回から参加のJA4FJRさんを囲んで楽しいひとときを過ごしました。 あれ???幹事さんが写っていなかった・・・ISQさんごめんなさい・・・。... 続きを読む

備後の森田

趣味のアマチュア無線や電子工作、VoIPアマチュア無線グループ「山口ラグチューROOM」の活動についてのブログです。
何か新しいことがあったら更新するかも知れません。
あまり期待しないでください・・・。

おいでませ

コメント&トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

アーカイブ

山口ラグチューROOMに
常時接続のノード局

WIRES-X:20339
EchoLink:481234のGW

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR