FC2ブログ

ペルセウス座流星群

8月12日から13日未明にかけてペルセウス座流星群がピークを迎えたそうです。
私の住んでいる近辺では天気は曇り、日付が替わる頃からは月が出てくるので流星観望には向きません。

明けて13日は夕方から雲が薄くなり絶好の観望日和、ピークを過ぎてしまうとピタッと出現が止まるものでもありません。

もしかしたら数は少なくても流れ星が見られるかも知れないと期待を込めて、秋吉台の長者ヶ峰展望台まで車を走らせたのでした。


IMGP0508.jpg


展望台の上空は雲一つ無く、夏の天の川がくっきりと見えます。



IMGP0500.jpg画面情報に薄い筋が見えますが、これがペルウス座流星群に関係する流星と思われます。
明るいモノ、暗いモノ、そこそこの数の流星が流れました。
実はこのフレームの中にネオワイズ彗星がいるはずなのですがよく分かりません。


7/20に撮影した時には肉眼でも尾が見えたのですが・・・。

梅雨の晴れ間の撮影が奇跡のように感じられます。


実は写真撮影していると視線は手元の時計にあり、空は見ていないんですよねぇ・・・。


360°画像で撮影したのがこちらのリンクです。

皆さんこの場所が絶好の観望ポイントであることをよくご存じで、撮影中でも人の出入り、すぐそばの車の通行が割とあります。

そのたびに長時間露出がダメになってしまい、こちらは思ったような写真が撮れませんでした。



IMGP0507.jpg

おまけの写真、流星群の輻射点となるペルセウス座が昇ってきています。

真っ直ぐに立ち上がっている天の川、その中にカシオペア、天の川の少し右にボーッと見えているのはアンドロメダ大星雲です。


コロナの感染拡大を受けて、今年のお盆の帰省を取りやめました。

先が見えない苛立ちも感じますが、今日は星空に癒やされました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

備後の森田

趣味のアマチュア無線や電子工作、VoIPアマチュア無線グループ「山口ラグチューROOM」の活動についてのブログです。
何か新しいことがあったら更新するかも知れません。
あまり期待しないでください・・・。

おいでませ

コメント&トラックバック

Comments<>+-
Trackback <> + -

アーカイブ

山口ラグチューROOMに
常時接続のノード局

WIRES-X:20339
EchoLink:481234のGW

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR